覚えるのには三ヶ月かかります

子育てコラム

幼児の場合、ひとつの回路が完成するのに、だいたい三ヶ月ほどかかります。この期間はくり返しくり返し教える時期です。早急に結果を期待せずに、子どもの成長速度にあわせ、くり返しくり返し入力します。

 

子供の脳の神経回路の髄鞘化は三歳で70パーセント終わるといわれています。

十歳では90パーセントが終わり、残りの10パーセントは一生かかって完成するようです。

前頭葉、側頭葉は二十歳でもまだ髄鞘化の途中です。このように神経回路によっては超スローで、長い期間かかって髄鞘化する回路もあります。

 

そして、次に大切なのが、

繰り返すこと!

子どもたちの行動をじっと観察していると、くり返されることにたいへんな興味を示すことがわかります。たとえば、「高い、高い」「いない、いない、バー」も、何回やってもキャッキャはしゃいで、「もっとやってくれ」とねだります。ここには自ずからリズムがありますが、子供はこのリズムを好みます。パターンといってもいいでしょう。

また、あなたが受験勉強でやったことを思い出してください。

そのとき、同じことを口の中でくり返しくり返し言わなかったでしょうか。

「コンスチチューションConstitutionー憲法、コンスチチューションー憲法、コンスチチューションー憲法・・・」

「1192年ー鎌倉幕府成立、1192年ー鎌倉幕府成立、1192年ー鎌倉幕府成立、1192年ー鎌倉幕府成立・・・」

といった具合です。覚えるためには翌日もその翌日も同じことをやりました。暗記にはくり返しが欠かせませんでした。

この「くり返し」こそが大切なことです。どんなに大切なことでも、一回こっきりで終わってしまってはパターン化されませんから、暗記されません。

子どもの場合、暗記しようと意図しているわけではありませんから、親の方で根気よくくり返すことが大切です。

おもしろがらせ、楽しませながら、くり返しくり返し見せたり聞かせたりすれば、自然に言葉もバイオリンもドッツカードも漢字も覚えてしまうのです。

画数の多い複雑な漢字も親の方で「これは子どもの手には負えないだろう」と判断しがちですが、やってみるとそうではなく、画数に関係なく子どもは”覚える”ものです。

「くり返し」こそは、脳の発達に欠かせないものなのです。

 

024-954-9166(平日10:00~18:00)

→無料体験予約フォームはこちら

TOPに戻る

無料資料請求フォーム

    お名前 必須

    お子さんの年齢

    送り先住所 必須

    メールアドレス 必須

    対象の方

    備考欄

    『子どもの学力と運動が心配…』『子どもが何をやっても飽きっぽい…』など、学習と運動の悩みは尽きません。TOPキッズアカデミーでは、これらの悩みを独自のカリキュラムで徹底的に改善して、郡山市からNo.1の子どもを育てます。まずは無料体験に参加してみましょう。無料子育てメールも配信中。

    無料送迎のバスサービスもご用意。