吐き戻しが多いのですが・・・

子育てコラム

吐き戻しは母乳育児にとても多いです。
母乳育児での空き戻しの場合は、お母様の食べているものに問題があると言われています。母乳は血液でできています。お母様の食べたもの全てが赤ちゃんの栄養につながっています。
バランスよく食べることが1番大切ではありますが、
基本は、根菜類、ご飯、味噌汁、粗食を心がけることが1番質の良い母乳を作る方法と言われています。
ですから、肉魚など多くのタンパク質を多くとってしまうと、赤ちゃんの内臓に負担がかかってしまいます。そうすると、吐き戻しや、アレルギー、湿疹などができてしまいます。
また、ミルクの吐き戻しがあるときは、1度のミルクの量を少し減らしてみると良いのかもしれません。
まだまだ体が未熟な赤ちゃんは、本来母乳ミルクを飲む感覚も、1時間おきが1番ベストだと言われています。
消化しきれない中で、ミルクを飲むと吐き戻しする原因になります。
泣いたらすぐミルクではなくて、なぜ泣いてるのかをもう一度確認して授乳をしてみて下さい。

024-954-9166(平日10:00~18:00)

→無料体験予約フォームはこちら

TOPに戻る

無料資料請求フォーム

    お名前 必須

    お子さんの年齢

    送り先住所 必須

    メールアドレス 必須

    対象の方

    備考欄

    『子どもの学力と運動が心配…』『子どもが何をやっても飽きっぽい…』など、学習と運動の悩みは尽きません。TOPキッズアカデミーでは、これらの悩みを独自のカリキュラムで徹底的に改善して、郡山市からNo.1の子どもを育てます。まずは無料体験に参加してみましょう。無料子育てメールも配信中。

    無料送迎のバスサービスもご用意。