言葉の遅れがありますが、どうしたらよいですか?

子育てコラム ,

生まれたばかりの赤ちゃんでも、お母さんの話しかけはとても大切です。

 

TOPキッズアカデミーでは、

⭕️小さいうちから、よく話しかけてあげる

⭕️赤ちゃん言葉はせずに正しい言葉で話しかける

⭕️目を見てしっかり、語りかける

⭕️なるべくテレビは見せない。

テレビばかり見せていると、親子のコミュニケーションがなくなります。

⭕️痛い、気持ちい、気持ち悪い、など、その感覚を言葉に出して伝える

⭕️乳児期からのフラッシュカード活動により言葉数が増える

⭕️たくさん歌をうたう

子供の言葉が出る時期や言葉の数はその子によって異なりますが、赤ちゃんからのコミュニケーションは、後の幼児期からの言葉の数につながります。

しかし、中には、最初の言葉が出てから次がなかなか出てこないこともありますが、意思の疎通がしっかりできていればあまり心配する必要はありません。
子供の中にはしばらく一言、二言しか話せなかったのに、3歳くらいになってから言葉がどんどん溢れておしゃべりになる子もいるので、なかなか増えなくても焦らずに、お母さんがたくさん話しかけてあげてください。

子供をよく観察すると、言葉の数は増えていないけれど、理解できる言葉の数が増えていることもあります。

子供は毎日少しずつ成長していくので、よく観察して発達を確認しながら、接していくようにしてください。

⭕️たくさん抱っこをしてスキンシップを取りながら、たくさん語りかけたり発した言葉を繰り返してあげましょう。

⭕️周りの家族が楽しく話している姿を見せたり、たくさんの人と触れ合う機会を作ったりしてみましょう。

⭕️周りが焦って無理に教え込もうとすると子供も嫌になってしまうので、無理強いはせず楽しくいろいろと気長に話しかけてあげましょう。

言葉の発達は周りからの影響も大きいのです。是非、TOPキッズアカデミーでお子様と楽しいレッスンを体験くださいね!

024-954-9166(平日10:00~18:00)

→無料体験予約フォームはこちら

TOPに戻る

無料資料請求フォーム

    お名前 必須

    お子さんの年齢

    送り先住所 必須

    メールアドレス 必須

    対象の方

    備考欄

    『子どもの学力と運動が心配…』『子どもが何をやっても飽きっぽい…』など、学習と運動の悩みは尽きません。TOPキッズアカデミーでは、これらの悩みを独自のカリキュラムで徹底的に改善して、郡山市からNo.1の子どもを育てます。まずは無料体験に参加してみましょう。無料子育てメールも配信中。

    無料送迎のバスサービスもご用意。